読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つまみぐい

お年頃な私のミーハーなブログ

私の手放してしまった人生〜ラ・ラ・ランド感想

ラ・ラ・ランドを見て泣いた。

号泣した。

そして確信にかわったことがある。

女は、好きな男と歩む人生か夢をかなえる人生かどちらかしか手に入らないということ。

 

私は大学卒業後、銀行の総合職として入り、数字数字の世界で男と肩を並べて、仕事をした。四半期を迎えるたびに白髪が増えた。ゴルフもしたし、飛び込み営業もしたし、接待もした。総合職の女性は男性より断然すくない上に、今は女性の役員登用の政府目標が…なんていってるから、支店長になれたかもしれない。

でもその人生の捨て、普通の男性との結婚を選んだ。

 

主人公のミアは二十代半ば。

ミアは2つの人生の分岐点にいる。

1つは好きな男と生きる人生。

象徴的なシーンは、ミアが一度は女優の夢を諦めかけ、田舎に帰るのだが、セブが迎えに行き、クラクションをブォンと鳴らしたところ。「夢と現実の差をまのあたりにする。恋人は夢を叶えていて焦る。好きだけど素直になれない」とゆう典型的な男まさりな女を、一回り大きな優しさで包み込むセブにぐっとつかまれて、涙がでた。私はたまに旦那と喧嘩する。旦那は絶対先に折れてくれる。私が悪くても。これが私の手に入れた人生。

 

2つ目は夢を追う人生。

ミアはチャンスをつかめるかどうかのオーディションで、歌を歌う。夢追い人への祝福を、という歌詞。

 

耳を澄ませばを思い出した。しずくがスランプに陥って小説を書いても書いても納得いかない。先に夢を叶えるための足がかりをつかんで行ってしまう恋人。足掻いて足掻いてつかめるものはあるのか、そんな不安に押しつぶされそうになる。

でも、その足掻いている姿は本人にはわからないが、それを経験してきた人には素晴らしいものに映るのだ。

聖司くんの祖父が、しずくに「この小説はめちゃくちゃでひどい。だけどあなたは素晴らしい」と言う。この言葉がこの話の全てだ。もう自分にはない若さゆえの足掻きを心の底から羨ましいと思い、賞賛しているのだ。夢を追いかけ足掻いている姿の素晴らしさは、3年前はわからなかったが今ならわかる。男と肩並べて、取引先を走り回っていたあのときには、そのことが、わからなかった。その素晴らしさがわかるのは私が今その渦中にいない故にだ。これが私の手放してしまった人生。多くの女が手放す人生。

 

それと同じように、ミアは女優の夢を叶えたが、セブとは一緒になれなかった。

銀行時代の同期は多くが仕事を辞め、好きな男と生きる人生を歩んでいる。

耳を澄ませばのしずくはきっと聖司くんと一緒にななれない。

女の人生全てを手に入れることはできない。仕事、結婚折り合いをつけ、その中でいきているからこそ、手に入れることのできなかった人生に思いを馳せるのだろう。

 

ラ・ラ・ランドは私の手放してしまったもう1つの人生を見せてくれ、涙で洗い流してくれた。

 

 

 

社畜時代によく作った簡単過ぎる晩酌のお供

お題「材料3つ以内ですぐできる酒のアテ」

 

今は結婚して転職をしたのでライフワークバランスが7対3だが、前職では9対1。

1日のほぼ全てを仕事に費やしていた。帰宅が22時を回ることもよくあり、アフターファイブに合コンとか習い事とか無縁の生活だった。

仕事が終わってうちでチューハイやビールを飲みながら、借りてきたDVDや漫画、撮りためたドラマを見、ネットサーフィンをするのが、至福の時。

ヘトヘトでもう何もしたくないっていうよく作っていたビールのお供がこれ。手を加えるのは2分!!食器も汚れない。

 

【ちくわのチーズ焼き】

切ったちくわにマヨネーズをかける

f:id:monsumonmon:20170215203855j:plain

チーズをのせて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。好みで七味をかける。

完成。

f:id:monsumonmon:20170215203949j:plain

キッチンバサミを使えばまな板も汚れないし、ホイルのままお皿に乗せれば、お皿洗いも簡単。

【えのきポン酢】

石づきを取ったえのきを食べやすい大きさに切り、耐熱皿(シリコンスチーマーが便利)にいれて、600ワットのレンジで2分くらいチンする。ポン酢をかけてできあがり。好みで柚子胡椒やもみじおろしをそえて。

完成

f:id:monsumonmon:20170215204046j:plain

 

 

シリコンスチーマーは1人暮らしでは必須!

 

 

CBジャパン シリコンスチーマーオーバル マゼンタピンク

CBジャパン シリコンスチーマーオーバル マゼンタピンク

 

 

 

細切りにしたナスにしゃぶしゃぶ用豚肉を巻きつけ、シリコンスチーマーに並べごま油とブラックペッパーを振って3〜4分チンして、ポン酢で食べるのも簡単で、ビールのつまみにはもってこい。

 

ワインが好きなら、オイルサーディンの缶詰を耐熱皿に入れとろけるチーズをのせて焼いたオイルサーディンのチーズ焼きがおすすめだ。

 

ちなみに、ビールは、アサヒスーパードライ発泡酒ではプライムリッチ、糖質オフのグリーン系では麒麟淡麗グリーンラベルが好きだ。

 

 

 

某アニメショップでリサーチした今人気のアニメ

 私は進撃の巨人の大ファン。

大きな声では言えないけど、ネットやショップでグッズをこっそり漁っているのです。(主にリヴァイ兵長

一応大人なのでまずいかなぁと思いながらも、リヴァイ兵長レベルになると、雑誌の表紙を飾っていたりするので個人的にはセーフ。ハンターハンターのキルアだとアウトですが、ワンピースのサンジやもののけ姫のアシタカだったら、セーフみたいなイメージ。

あくまでもライトに、マウスパッドやボールペンでデスク周りに華やかさを出す。

f:id:monsumonmon:20170211204525j:plain

(会社は寛容。デスクトップがアニメ画だったりする人がいるので。)

 

今日は町に出たついでに某アニメショップでグッズを漁ってみたのですが・・・

全くない!進撃グッズ。4月にアニメ2期が始まるからそろそろ手厚くしてくれてもイイよね〜〜と思って行ったのだが…

ちなみにキングダムの蒙恬様と黒バスの高尾君が好きなんだけどそっちも全然。(キングダムはグッズ見たことない、黒バスは主要メンバーはたくさんあるけど高尾君はほぼモブ扱い)

 

せっかく足を運んだので、グッズ量&人だかりで今人気のアニメを探って、見たいアニメの参考にする。

 

【ユーリ!!オンアイス】

 

ユーリのコーナーは3メートルくらい陣取ってて、若い子ばっかりじゃなく、大人の女性もたくさんいて、すごい人だかりができていた!!多分ショップの中で一番賑わっていた。今テレビやツイッターでも名前を聞くし、今結構気になるアニメ。

 

【うたの☆プリンセスさま】

 

 ユーリよりもややオタクっぽい女子が多い印象。なんか賑わってるなぁと思ったらアニメの4期が去年の12月まであってたのね。

 

銀魂】 

 銀魂もばりばり3メートルくらいコーナーがあったけど、あんまり人だかりはできてなかったかな?わりとオタク受けよりライトなファンうけなのかも。アニメみたことないけど、すでにグッズにそそられるくらい、キャラかっこいい。今年は実写化されるのもあるし、絶対見たいアニメ。でも話数多すぎてどこから手をつけていいかわからない。

 

ラブライブ】 

 コーナーが2メートルくらいある。男の子が多かったが、雑誌で志田未来が好きなアニメで紹介していたので女の子にも人気があるみたい。ちなみに今3コインズとコラボしているらしい。

 

以上4作品が某アニメショップで賑わっていたコーナーでした。

ユーリと銀魂は人気があるので見たいし、ラブライブうたプリもご長寿アニメなのでどういうものか見てみたい。あとは舟を編む成田良悟も気になる。

 

ちなみに今おそ松さんはサンリオとコラボ。

押しのチョロ松はケロッピと、長男様はキティとコラボしてた〜!!

f:id:monsumonmon:20170211225521j:plain

おそ松さんは去年すごくはやって、中高生みんな松グッズにつぎ込んでいたのに、その層はすっかりユーリに流れてしまった・・・!若い子たちの手のひらの返しよう本当に恐ろしい。

 

 

 

 

 

 

長崎旅行記②

f:id:monsumonmon:20170206223045j:plain

 

長崎旅行記続きです。

 

 

商店街をぬけて眼鏡橋

f:id:monsumonmon:20170205225337j:plain

 

水面に映るランタンがとても綺麗

f:id:monsumonmon:20170205225427j:plain

 

川の右岸には金魚が、左岸には十二支のオブジェが

f:id:monsumonmon:20170205225530j:plain

 

中国語では金魚を【チンユイ】と発音し、蓄財を意味する【金余】と同じ発音であることから富を象徴するものとされている。

通りで右岸は金魚だらけだった。

 

左岸は干支のオブジェ。

生まれ年の虎。

 

f:id:monsumonmon:20170205225811j:plain

 

幻想的な雰囲気を味わうことができる。

2017年のランタンフェスティバルは2月11日まで。

 

 

 

ここからは今回の旅行ではないが、長崎に行った際には是非立ち寄ってほしい二ヶ所を紹介したい。

軍艦島端島)】

長崎港のフェリー乗り場から船で50分。

軍艦島は外海になるため波が強く、泳げない私が徐々に不安になった頃に見えてきた。

ガラス越しですが、大海原にイキナリ出現する建物群は圧巻!

 

f:id:monsumonmon:20170206001000j:plain

島には当時の建物がそのまま残る。

f:id:monsumonmon:20170205232904j:plain

集合住宅。

f:id:monsumonmon:20170205231155j:plain

f:id:monsumonmon:20170205231337j:plain

全盛期には東京23区の9倍もの人口密度で、映画館やパチンコ屋、建物の屋上に保育園などもあったそう。

ちなみに実写版の進撃の巨人のロケ地だそう。実写版はアレでしたが…

 

【グラバー邸】

長崎は、かつて唯一海外との貿易を許された出島があり、多くの外人が居留していた。

それが東山手などグラバー邸周辺の区域だ。

現在でも領事館や教会が残り、異国を感じることができる。

グラバー邸

 

f:id:monsumonmon:20170205232745j:plain

 

f:id:monsumonmon:20170205232345j:plain

グラバー邸から見る街並み

 

f:id:monsumonmon:20170205232521j:plain

魔女の宅急便の「海の見える町」はわたしの中では長崎。

 

 

 

思案橋の飲み屋街、道路を走る市電、教会、お寺、居留地の街並、稲佐山からの夜景、オランダ坂、名前もないただの坂道…。新しいものと昔からあるもの。西洋と東洋。活気とボツラク。色んな種類のお酒をのむことを「ちゃんぽん」という。日本語で様々なものを混ぜたもの、という意味だが、長崎はまさにちゃんぽん。

関西在住の方は中学校の修学旅行が長崎という方も多いではなかろうか。そんな方にこそ長崎にいっていただきたい。大人にしか味わえない長崎の良さがある。

 

最後に長崎を訪れた際に味わってほしい長崎のうまいものを紹介する。

【長崎のうまいもの】

・王道庵の五島うどん

・柊のトマトラーメン

岩崎本舗の角煮まん

トルコライス

・ウミノのミルクシェーキ

・若竹寿し

福砂屋のカステラ

 

 

長崎に立ち寄る際には胃袋がいくつあっても足りない。

 

 

 

 

 

異国情緒の街長崎〜長崎旅行記①

f:id:monsumonmon:20170129183537j:plain

 

 

海の見える町、坂の町、長崎。

中国と西洋、日本の文化が入り混じる土地。

f:id:monsumonmon:20170124213336j:plain

長崎とは

九州の北西部に位置する湾岸都市。

貿易で栄え、日本が鎖国で閉ざされていた江戸時代も長崎の出島では中国やオランダとの貿易が唯一許されていた。東洋と西洋の文化が混じりあい、今でも中華街や居留地などが残る。

 

長崎では中国にちなんだお祭りが数多くあり、夏には精霊流し、秋にはくんち、中国の旧正月をお祝いするランタンフェスティバルが行われる。ランタンフェスティバルでは長崎の街が1万5千個のランタンで彩られ、期間中100万人超の人が訪れる。

 

f:id:monsumonmon:20170129115828j:plain

 

JR長崎駅から市電に乗り換え築町で降りる中華街へ。

中華街のメインストリートは赤いランタンがずらっとつるされている。中国では昔から赤が縁起がよいとされていて、結婚式では赤いドレスを着たり、年男、年女が赤い下着をつけたりするらしい。

 

f:id:monsumonmon:20170129115934j:plain

 

中華街をぬけると、メイン会場の港公園。

初日が週末ということもあり、たくさんの人で賑わい、お祝いムード。初詣で賑わうのは日本も中国も一緒。

 

f:id:monsumonmon:20170129130657j:plain

 

f:id:monsumonmon:20170130185806j:plain

【ど真ん中を陣取る鳥たち。酉年にちなんでだろうか?】

メイン会場にはステージが常設されていて、龍踊りや雑技のパフォーマンスが楽しめる。ステージは点心やビール、縁起物など、たくさんの出店にぐるりと取り囲まれており、出店の上にもずらりとのオブジェが並ぶ。

f:id:monsumonmon:20170129131023j:plain

 

 

f:id:monsumonmon:20170130204516j:plain

【キングダムの呂不韋がいる!】

 

 

f:id:monsumonmon:20170129131420j:plain

 

中華街や港公園会場ではいたるところに出店がある。温かい紹興酒を片手に、ほろよい気分で眺めるランタンは本当に最高。出店はビールなどのアルコールの他、角煮まんやゴマ団子、マーラカオなどの点心、魚のすり身をパンで挟んで揚げた長崎の名物のハトシもあり、点心や長崎名物がたのしめる。

 

会場の後ろの方には大きなテントで覆われたスペースがあり、入り口をくぐると

 

f:id:monsumonmon:20170130204613j:plain

天井いっぱいランタン

f:id:monsumonmon:20170129140023j:plain

f:id:monsumonmon:20170129140059j:plain

 

f:id:monsumonmon:20170130204410j:plain

 

豚の頭のお供え物。説明書きには一年間お金に困らないようにとあった。中国で豚は子孫繁栄や富等の象徴らしい。お賽銭を入れ、お線香をあげる。

f:id:monsumonmon:20170129140145j:plain

 

f:id:monsumonmon:20170130204731j:plain

 

 

長崎旅行記②に続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進撃の巨人展

 

先日進撃の巨人展にいったときのことを書く。

去年の春おそ松さんをきっかけに見た進撃の巨人にどはまり。

アニメ全24話ある分を息つく暇もなく見、見終わったのは明け方だった。

 

5月にユニバのクールジャパンに行き、7月には二期の発表があり、12月はなんと長島スパーランド進撃の巨人展が開催されるとのことでさっそく行ってきた。

私が行ったのは開催2日目でさぞかし多かろうと思ったが、それほどでもなく、ゆっくり見れた。

f:id:monsumonmon:20170117220014j:plain

 

超大型巨人

f:id:monsumonmon:20170117220223j:plain

展示は原画がメインで

女型とアルミン

f:id:monsumonmon:20170122145606j:plain

超大型巨人と対峙するエレン

 

作者の諌山先生は同い年で、中学のときにめっちゃハマったハンターハンターを見て育ったのかな〜と、ぼんやりおもっていたが、実際のところ諌山先生はぬ〜べ〜を見て育ったらしい。

 VRで360度進撃の巨人の世界を体感できるシアター哮では、トロスト区でエレンが穴を塞ぐシーンに入り込める。立体起動でビューンと移動するスピード感やエレンゲリオンが目の前を歩くシーンに圧巻される。360度どこ見てもトロスト区の中にいるのが本当にすごい!

 

進撃の巨人は話はもちろん、敵、味方問わずキャラクターが魅力的だからハマってしまう。リヴァイ兵長が好きだか、ジャンの成長していく過程やアニやライナーの戦士になり損ねたとこもぐっとくる。あまり大きな声で言えないが、オルオが実はめっちゃ若いって、とこにめっちゃ萌える。

 

それと、城塞都市という設定がいい。ロードオブザリングや、キングダムの函谷関など城塞都市での戦闘が好きな私はその設定にも惹かれる。

 

先週からユニバでクールジャパンが始まっていて進撃クラスタの方々が、何万とつぎ込んでいるツィートを見るのだが…いいよねぇ、気持ちいいくらいの浪費っぷり。どっぷり好きなことをできる生活につかれたらどれだけ幸せだろう。好きなだけ、動画に漫画、音楽。

どっぷりつかれない私はユニバに行く計画をちまちま立てよう。

 

余談だが、ナガシマスパーランドには

スチールドラゴンというやばいジェットコースターがある。

最高高さ97メートル、最高落差93.5メートルと日本一。コースの長さは世界一。

絶叫嫌いの私はもちろん乗ってない。


【HD】 長島スパーランド 高画質★スチールドラゴン2000★

 頂上に着いたときの絶望感が半端ない!

ユニバのハリウッドドリームの最高落差が50メートル。どれくらいやばいかわかるよね。失神レベル。こないだユニバのフライングダイナソーで死を覚悟したばかりなのに、スチールドラゴンも少しだけ気になる。

 

好奇心というものは本当におそろしい。

 

最後になりますが。進撃の巨人展は2月12日までです。

 

 

 

 

 

 

 

ブランチのクレープ

f:id:monsumonmon:20170122113112j:plain

 

ゆっくり起きた日曜日はのんびりクレープをやいてブランチ。

 

照り焼きチキン、スクランブルエッグ、レタスをまいたおかずクレープと、

リンゴのコンポートと、バター、メープルシロップをかけてデザートクレープにした。

 

クレープは薄力粉、卵、牛乳、砂糖だけでできて、ホットケーキより短時間でできて簡単!!

 

元々料理は好きだけど、時間に追われながら作っていると、作るご飯がマンネリ化してしまっていて昨日何食べたか思い出せなくなってしまうこともしばしば…

最近は少しでも作る側も食べる側も楽しめるように、トルティーヤをつくったり、新しい料理にチャレンジしている。

たまーにレシピ本を買ったり、ブログをのぞいたりして、刺激するのが共働きしながら家事をするコツかとおもう。

 

今年は作り置きおかずをマスターして、家事の時短をしたい。